三陸精工のパイプ開先加工機や配管開先加工機は様々なサイズの開先加工に対応可能です。

製品紹介|ボイラーチューブ切断開先加工機

概要

従来、切断作業はガス溶解切断か、または砥石切断機による手作業で行っていました。溶接面の開先作業はハンドグラインダーでの手作業か、またはエヤードリルに刃物バーを取り付け、管の内径に差し込んでの手作業でした。そのため、浮遊粉塵・臭煙・火花などにより騒音・衛生・安全性など多くの問題を抱えるとされ、さらにコスト低減と品質向上を課題として、切断作業は機械化を強く要望されていたのです。これらの要望にお応えするため、当社では切断をメタルソーで自動的に行い、様々なネックを解消。また回転する刃物ホルダー付主軸ヘッドが溶接面の開先作業を自動的に行うことで、作業能率向上と品質向上を実現しました。

特徴

ボイラーチューブの180度ベンド部を自動的にセンターへチャックし、余長部を定寸にメタルソーで自動切断を行います。切断工程終了後、主軸ヘッドを移動。回転ツールホルダーは外面・端面・内面のバイトが設定されており、3面同時加工方式でボイラーチューブの端面加工工程を自動的に行う機構です。自動サイクル装置により操作も簡単。生産速度向上を特に考慮し設計された専用機です。

仕様

  SPC-2.5B
切削可能管径 1B、11/1B、11/2B、2B、21/2B(各口金別途)
ツールホルダー 各管径別ホルダー使用(別途)
主軸回転数 三段  60Hz 250:450:800RPM
     50Hz 210:380:670RPM
主軸ヘッド送り ハイドロチェックシリンダー
主軸ヘッド移動距離 200mm
主軸用電動機 4P 2.2kW
主軸センターとヘッド側面距離 63mm
コラムバイス エヤーチャック
下部バイス 手動ハンドル
切断機 メタルソー
切断機回転数 二段 低速:高速 60Hz 25:36RPM
            50Hz 21:30RPM
切断機ヘッド送り ハイドロチェックシリンダー
切断機ヘッド移動距離 150mm
切断機用電動機 4P 1.5kW
メタルソー 外径 315mm×2.5mmt
概機械寸法 1,400mmW×1,680mmL×1,380mmH
概機械重量 1,200kg

▲ページのトップに戻る

製品紹介

用途で選ぶ

会社概要

三陸精工株式会社
本社 〒236-0002神奈川県横浜市金沢区鳥浜町17-10 TEL 045-774-2701 FAX 045-774-2703
大船渡工場〒022-0002岩手県大船渡市大船渡町地ノ森62-14 TEL (0192)27-1011 FAX (0192)27-1012

トップページ 会社概要 導入事例 お問い合わせ 

■製品紹介
パイプ自動切断両開先加工機 ・パイプエンドフェーシングマシン ・開先角度自動切削フェーシングマシン ・小口径管ポータブル面取機 ・ボイラーチューブ切断開先加工機
ダクタイル鋳鉄管加工機 ・クロスヘッド万能フェーシングマシン ・ユニバーサルヘッドフェーシングマシン ・溶接継手開先加工専用機 ・その他(特別仕様・周辺装置) 
■用途で選ぶ
【切断と開先の同時加工】 ・YPCV ・SRCB    【銅管の開先加工】 ・YSシリーズ    【肉厚管の2段開先加工】 ・YSNシリーズ
【エルボ・継手類の開先加工】 ・SRKN ・SRT ・SPL    【小径管・ボイラーチューブの開先加工】 ・SPF ・SPC    【大口径管・重量銅管の開先加工】・SRUN ・SRCF
【ダクタイル鋳鉄管の開先加工】 ・SRCF ・SRICSRFNC    【周辺装置】 ・周辺装置