三陸精工のパイプ開先加工機や配管開先加工機は様々なサイズの開先加工に対応可能です。

製品紹介|ダグタイル鋳鉄管加工機専用機

概要

開先加工専用機製造実績のノウハウを集大成したものとも言える本機は、あらゆる鋼管・鋳鉄管(FCD)に対してこれらの真円度不足、要求される高鋼性などを十分に考慮し、基本設計から開発した次世代仕様の新鋭機です。
管は真円でないという基本的な被加工物の性格に対して、一度クランプした後は、主軸ヘッドは左右上下に任意な調整が可能です。
また、当社独自のデジタルプリセット方式と同時2軸制御とシーケンサー技術をフルに活かし、自動加工指令スタートから端面加工、内径寸法の仕上げ加工、さらに1段、2段、3段外開先にいたるまで、すべてバイト交換せず全無人加工ができます。

特徴

高能率

主軸ヘッド内部に刃物台の早送り、切削送り機構等すべてが内蔵され、迅速な切削送りが可能。刃物台径方向、主軸ヘッド軸方向の同時2軸制御により、内外径角度自動切削が可能となります。また、非切削時間比率の大きい段取り替え、芯出しなどはワークオートクランプ装置によって大幅に生産効率を高めます。

操作盤はペンダント方式を採用し、作業者の行動範囲を最小限にすると共に、作業能率の向上のため、機械正面での容易な集中操作が可能です。

安全性

重量加工物、異形加工物などの段取り及び芯出し作業工程は、加工分野における最も労働集約的要素が多い分野です。これらを最小限にするため、加工物は自動的に固定し、主軸ヘッドが左右、上下の摺動機構によって、芯出し作業が行われるため、作業者の安全を確保します。

仕様

  SRCF-400型 SRCF-800型
  SRCF-400型 SRCF-800型
標準加工径 MAX.400φ 16B MAX.800φ 32B
ヘッドコラム左右移動量(X軸) 500mm(自動) 500mm(自動)
ヘッドコラム前後移動量(Y軸) ±50mm(手動) ±50mm
(自動・手動)
主軸ヘッド上下移動量
(Z軸)
±50mm(手動) ±50mm
(自動・手動)
主軸回転数(rpm) 50Hz 
17、32、60、115
60Hz 
20、38、72、137
50Hz 
11、17、25、36、54、81
60Hz 
13、20、30、43、65、97
刃物台送り/移動量 内・外径送り
0.1mm/rev
外径送り
0.3mm/rev/100mm
内・外径送り
0.1mm/rev
外径送り
0.3mm/rev/120mm
主電動機/電機容量 3.7kW/4P 5.5kW/6P
角度切削自動制御 同等2軸、
デジタルプリセット
同等2軸、
デジタルプリセット
機械概寸法 2,800W×2,330L×2,454H 3,100W×3,400L×2,500H
機械概重量 10,000kg 16,000kg

概要

本機は、FCD鋳鉄異形管挿し口部の端面及び外径加工を、自動センターリング機構によるインナークランプ方式により、自動切削にて行う画期的専用機です。 このインナークランプ方式は、当社独自開発の専用主軸ヘッド特性を活用し完成された、内径基準芯クランプ機構によるもので、従来の外径芯方式では得られなかった管肉厚寸法の均一化(加工精度)を大きく向上させると共に、ワークの脱着、取り付け具の取り外しなど、最も労働力要素の多い分野が一挙に解消します。 また、NC制御仕様ではなく、デジタル制御方式により誰でも即座に、しかも簡単に操作可能な合理的機構を積極的に取り入れ、従来の加工要領に比較し約7倍もの時間短縮が可能となりました。超コスト低減に大きく貢献する、新時代対応型FCD鋳鉄管加工専用機です。

仕様

  SRIC-400 SRIC-600
加工適用径 (呼び径)300D 350D 400D (呼び径)450D 500D 600D
面板直径 1,010φ
主軸回転数 10RPM〜100RPM 無段変速 9RPM〜90RPM 無段変速
刃物台ベース 対向―2基
刃物台形成 平刃物台面板内径に挿入 バーホルダー加工(挿入不可)
主軸ヘッド移動量 (軸方向)350m/m (軸方向)400m/m
主軸ヘッド送り 早送り/無段切削送り
刃物台ベース移動量 (径方向)―70m/m
刃物台ベース送り 早送り/無段切削送り
ワーククランプ スクロールインナー方式
単独切削制御 押しボタン操作
自動切削制御 マルチプルカウンタープリセット方式
制御軸数 同時2軸
主軸電動機 11kW-15HP(インバータ制御) 15kW-20HP(インバータ制御)
ヘッド送り電動機 2.2kW-3HP(インバータ制御)
刃物台送り電動機 2.2kW-3HP(インバータ制御)
クランプ開閉原動機 0.75kW-1HP(押しボタン操作) 1.5kW-2HP(押しボタン操作)
機械概寸法 C(1,100) W(1,700)
L(2,730) W(2,100)
C(1,300) W(1,800)
L(3,150) W(2,300)
機械概重量 7,500kg 10,000kg

概要

本機は、鋳鉄管の受け口部のフランジ面内径テーパー角度加工及び、挿し口部の加工を、NC制御により自動的にかつ効率よく行い、強力重切削加工を行うことを目的に開発したダクタイル鋳鉄管加工専用機です。 従来の鋳鉄管に対する加工機と言えば、横中ぐり盤の使用が通例でしたが、汎用性が高いため、主軸ケーシング構造機能、またスピンドル形状からもダクタイル管の切削条件には不合理であり、重切削の剛性に十分耐えられないことからも、長時間の使用は不可能とされています。 こうしたダクタイル鋳鉄管加工業界における生産性、操作性などの問題点を解消するため、当社がこれまで30年にわたる鋼管製専用機製造実績のノウハウを活かし、完全自動加工処理可能な合理的機能の集約と同時2軸NC制御の採用により、ダクタイル鋳鉄管加工に画期的生産性を発揮する新鋭専用機です。

仕様

  SRFNC-700 SRFNC-1100 SRFNC-1500
面板直径 900φ 1,200φ 1,600φ
摺動ベース 径方向対向2基
主軸ヘッド上下 300m/m 500m/m 700m/m
テーブル寸法 1,400m/m×1,400m/m 1,700m/m×1,700m/m 2,000m/m×2,000m/m
テーブル左右移動 1,000m/m 1,100m/m 1,200m/m
テーブル前後移動 500m/m 600m/m 700m/m
主軸変換数 4段レバー変換 6段レバー変換
主軸回転数範囲 インバータ制御無段
主軸電動機 11kW/15巾 15kW/20巾 22kW/30巾
所要床面 2,000m/m×3,500m/m 2,500m/m×5,000m/m 2,800m/m×5,500m/m
機械概寸法 20,000kg 25,000kg 30,000kg

▲ページのトップに戻る

製品紹介

用途で選ぶ

会社概要

三陸精工株式会社
本社 〒236-0002神奈川県横浜市金沢区鳥浜町17-10 TEL 045-774-2701 FAX 045-774-2703
大船渡工場〒022-0002岩手県大船渡市大船渡町地ノ森62-14 TEL (0192)27-1011 FAX (0192)27-1012

トップページ 会社概要 導入事例 お問い合わせ 

■製品紹介
パイプ自動切断両開先加工機 ・パイプエンドフェーシングマシン ・開先角度自動切削フェーシングマシン ・小口径管ポータブル面取機 ・ボイラーチューブ切断開先加工機
ダクタイル鋳鉄管加工機 ・クロスヘッド万能フェーシングマシン ・ユニバーサルヘッドフェーシングマシン ・溶接継手開先加工専用機 ・その他(特別仕様・周辺装置) 
■用途で選ぶ
【切断と開先の同時加工】 ・YPCV ・SRCB    【銅管の開先加工】 ・YSシリーズ    【肉厚管の2段開先加工】 ・YSNシリーズ
【エルボ・継手類の開先加工】 ・SRKN ・SRT ・SPL    【小径管・ボイラーチューブの開先加工】 ・SPF ・SPC    【大口径管・重量銅管の開先加工】・SRUN ・SRCF
【ダクタイル鋳鉄管の開先加工】 ・SRCF ・SRICSRFNC    【周辺装置】 ・周辺装置